電子給与明細の法律

電子給与明細についての法律を徹底解説

ペーパーレス化に法律はどこまで追い付いているのか

電子給与明細によるペーパーレス化に法律はどこまで追い付いているのか 給与明細といえば、一昔前までは紙で受け取るのが一般的でしたが、近年は明細の電子化が進んでいます。
そのメリットはテレワークの普及など働き方の変化により電子データで配布することのメリットが大きくなってきたことや、ペーパーレス化による企業側の経費節減効果も見逃せません。
給与明細の電子データによる交付は平成18年の税制改正で認可され、平成19年から実行が可能になりました。
つまり電子給与明細は合法です。
ただし、所得税法では従業員の同意を得ることが義務付けられています。
一方、労働基準法では給与明細自体、義務とされていませんので、この法律にも抵触することはありません。
電子給与明細は時代にマッチし、効率的な方法ではありますが、情報漏えいのリスクがつきまといます。
そのため厳重なセキュリティ体制の構築やパスワードの定期的な変更などを徹底することが重要です。
このほか同意しない従業員への対応や、従業員の使い勝手の向上、丁寧な説明などが求められます。

会社の電子給与明細は法律でも認められている

会社の電子給与明細は法律でも認められている 会社で大事な仕事の一つである給与計算がありますが、これら労働基準法などに従って行う必要があります。
給与体系を決めて計算するところも法律の範囲に収まっているのか確認をしなければならないのです。
このような業務は管理がとても大事で時間がかかります。
適当にはできないためにシステム化しなければ作業性も上がらないのが給与計算です。
その中でも特に時間と手間がかかるのは給与明細の印刷や配布作業です。
法的には各自に給与明細を渡さないといけないとされていますが、最近は電子化も進みこれらの作業も同じようにして、電子給与明細にする方法を検討する会社も増えてきています。
電子給与明細で問題になってくるのは法的に問題ないかどうかという事です。
実は法的にも給与明細を電子化することは問題がなく、いつでも見る事ができるようになっていれば良いため、電子給与明細はいつでも確認ができます。
賃金台帳も同様にする事ができますので、効率化が可能です。

新着情報

◎2020/8/19

電子給与明細を縛る法律
の情報を更新しました。

◎2020/7/1

明細の管理手法にまつわる法律
の情報を更新しました。

◎2020/05/15

サイト公開しました

「明細 会社」
に関連するツイート
Twitter

ダイレクト出版という会社から無料や安価で本を買うと、以降身に覚えがないカード引き落としが続くとTLに流れて来た。深掘りしてたら系列の経営科学出版とやらにぶち当たり…あら?私もいつぞや断捨離本500円で買ったわ!カード明細見たら、昨年5月から2178円ずつ引かれとったわ!

返信先:健保なら、会社のほうで手続きしてもらえないですかね🤔?わたしもチラッと見て見ましたけど、必要な情報ひろうのに時間かかりますね😭 収入が超えた(超える)ことがわかるものがあれば申請としては大丈夫だと思います!3ヶ月分の明細とかでも!ご心配なら一筆つけると安心です🙆‍♀️

でもこれってマネーフォワードに言っても難しい問題なので(カード会社明細の作られ方次第だし)、自分で用途毎に決済手段変えるとかして区別するしかないかも。 クレカ増やすのは嫌だったけど、「どこで」情報が可視化されるならアリかもしれん。

給料の振込ミスって本当にあるんだ😅 明細見たら13万ってなってるからいつもの半分くらいはどこいったのかと思って確認したらマジで向こうのミスだった😢 冗談抜きでこの額だったらマジで会社辞めようと思った🤣🤣

「給料明細〜控除ver〜」 ・所得税:所得が多くなるにつれて高くなる ex)ー330万10%ー650万20% ・住民税:去年の年収で決まる ・健康保険料(会社と折半) ・介護保険料:40歳〜(〃) ・厚生年金:標準報酬月額×18・3%(〃) ・雇用保険(ほぼ会所負担)