電子給与明細の法律

明細の管理手法にまつわる法律

明細の管理手法にまつわる法律

明細の管理手法にまつわる法律 従業員の給与や休憩時間、残業などが定められているのは労働基準法ですが、給料明細の発行の義務に関しては明文化されていないため、労働基準法では電子給与明細の管理手法に関する法律は特に定められてはいないようです。
所得税法では電子給与明細書は認められていますが、従業員の同意が必要となっています。
どのようなシステムでいつどういう形で発行するのかといったことをしっかり説明した上で、同意書を用意しておけばスムーズに進みます。
従業員が同意しなかった場合には紙で給与明細を交付する必要があります。
企業にとっては電子給与明細書の導入は、ペーパーレス化や業務の効率化等のコスト削減や労働力の削減に大きくメリットがあり導入している企業も増えてきています。
従業員の同意を必ず得なければなりませんので、社員のネット環境がどのくらい整っているのか、同意をしてくれそうか確認した上で取り組む必要があります。
社員は必要であれば自分でもプリントアウトする事ができます。

電子給与明細の法律的なハードルは高いのか

電子給与明細の法律的なハードルは高いのか 社員への給料を出す際に、給与明細を出すのは基本的な事務作業です。
しかし、その明細書は紙媒体で出してしまうとあまりにもコストが高くなってしまうことから、できるだけペーパーレスで行いたいというケースが増えてきています。
その効率化の方法として考えられるのが、電子給与明細です。
では、この電子給与明細を使用する法律的なハードルの高さは、どれくらいのものなのでしょうか。
まず、法律面では給料を支給する社員に対して、電子でその明細書を提出することについての同意を得る作業を行っておかなければなりません。
この手続きを踏まなければ、法的に問題があると判断をされてしまうからです。
問題があると見られてしまうと、後々の労使間のトラブルになってしまう可能性があるため、必ず同意書を作成してサインや捺印を貰うなど、法的な整備を行っておく必要があるでしょう。
このような点から、電子給与明細における法的な面では、同意書をクリアする程度のハードルであると考えて良いです。

新着情報

◎2020/8/19

電子給与明細を縛る法律
の情報を更新しました。

◎2020/7/1

明細の管理手法にまつわる法律
の情報を更新しました。

◎2020/05/15

サイト公開しました

「明細 管理」
に関連するツイート
Twitter

世の中の漫画家さんはみんな売れているから明細を確定申告の時くらいにしか見ない、という事実を知って奈落の底に突き落とされたミヅノです…。私、毎月穴が空くほど明細書を見ています…。ガン見しています。どんなに印税が少額でも弥生のソフトで管理しています…。普通見ないと言われて悲しい。

返信先:長計案なので、詳細な明細は残念ながらないのですが、管理会社の過去事例から算出しています。プーチン費用は不明ですね、、、。プーリーとかだったりしますか?

そういや最近簡易書留送ってねえな?何送ってたんだっけか……と思ったらクレカ明細だ(レジシステム変わってWeb管理になった)

返信先:給料明細を見せてもいいけど、皆さんが想像しているより僕のお給料って驚くほど安いんですよ! 「30年勤めて、管理職なのに、たったそれだけ?」って言われたよ

会社としてやっているのに、タイムカードの導入はしていないし、残業は経営者が管理してるから、データとしてないから納得できない。 なんなら、給与明細も渡されないからな